人生設計が大きく変動する30代女性ならではの友達の作り方

30代は特に友達の作り方に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。従来の友達関係の方が楽だから、新しい友達を作ることに億劫になっていませんか。

今までは容易にできていた友達作りがここにきてなぜ困難になってしまったのでしょうか。その理由と解決方法を考えてみました。

大人になるとどうして友達を作りにくいのか

30代、いざ友達を作りたいと思っても簡単にできる年代ではありません。なぜかというと、人によって歩む人生がまちまちで、それまで同じように歩んできた同年代においても、仕事に生きる人生、結婚を選ぶ人生、出産子育てが始まる人生、子育て中盤を迎える人生等、様々な人生があります。自ずと友達の幅は自然と狭まってしまいます。

加えて、30代にもなると、自分の思考や趣味嗜好考え方などがある程度確立され、柔軟性がなくなってきてしまいます。自分の考え方を曲げてまでそれほど気の合わない人と友達になろうとは思えない年代にさしかかっています。

世間体や建前を社会で学ぶにつれ、友達に対してそれほど踏み込んで付き合うことに遠慮や恐怖を抱いてしまう人も少なくないと思います。

仕事や家庭、やることや考えることが沢山あり、友達関係に重きをおいている場合ではないという人もいるでしょう。このように激動の30代は、様々な面から、友達を作りにくい年代だといえます。

何かに所属しているという強み

人は生まれてから教育を終えるまで何等かの団体に所属しています。保育園、幼稚園から始まり、小学校、中学校、高校、大学、職場など。囲われた環境の中では人は友情関係を構築しやすいのです。

しかし、そうやって守られていた環境から大人になるにつれ、環境は大きく変わり、庇護される存在から、自分で道を切り開いたり、誰かを庇護する存在になっていくのです。

精神的に自分が確立されたことにより友達が作りにくくなっていること(soft面)は、抗いようのない事実であり、自助努力が必要となってきますが、環境変化が起因するもの(hard面)では、何かに所属すること=友達を作る上で大きなアドバンテージになってくれます。

仕事に生きる人生においては、同じ志を持つ仲間に出会い苦楽を共にし、価値観が統一化されることで、信頼関係が構築されます。特に同じところに所属しているという連帯感から友達が自然にできやすいのではないかと思います。

結婚して出産して子育てに突き進んでいく人生となると、新たな友達を作るという意味においては難しい状況になってきます。なぜなら、それまで自分が主人公だったところから、住環境や仕事、自分を取り巻く環境を全てパートナーに合わせる必要があります。

結婚して突然、見知らぬ街に引っ越したり、時には駐在妻になったり、それまでやっていた仕事をやめなければならないこともあります。突然所属を奪われ所在をなくし、新たに友第を作るには特別なきっかけが必要です。今までは自然に身を任せていればできていたことが、突然、友達の作り方がわからなくなってしまうのです。

環境変化に起因するもののなかで、妊娠出産子育ての初期段階においては、話は少しかわってきます。妊娠出産は女性において正に身体を張った一大イベントです。初めての経験に体も心も期待と不安でいっぱいの毎日です。

そういった女性を支援する自治体の施設は保健所をはじめ様々なところに設置されています。そういったイベントに参加することで、いわば同じ目標(出産、子育て)に向かっているママさん同士で一種の連帯感が生まれやすいです。

出産後は新生児育児という大波がまっており、いままで経験のない子育てという分野において共通の目標や悩みをもつママ同士が、意気投合して仲良くなるのはそう難しい話ではありません。やはり、何かに所属していると友達を作りやすいのです。

知り合いから友達へ発展するにはどうすればいいのか

いったいどうすれば30代でも『親友』といえる本当の友達をつくることができるのでしょうか。それは大きな環境の変化には身を委ねるものの、その中で自分を敢えて何等かの所属に身を置くということが有効かと思われます。

例えば、習い事を始めてみる、地域のイベントに参加してみる、動物を飼ってみると散歩コースの中で出会いのきっかけができる、など、少し面倒でも自分を違う環境においてみることをお勧めします。

そして、hard面を整えたあと大切なことはsoft面です。いくら環境を整えたからといって、人を受け入れる心を持たないと本当の友達には発展しません。

歩んできた環境やその人の考え方、趣味嗜好を敬い、お互い高めあえるような存在になれれば『親友』と呼べる存在になれるかもしれません。

30代、友達ができないことを環境のせいにしている人は少なくありません。しかし、結局は環境のせいではなく、友達の作り方は学童時代と変わらず、自分自身の問題なのです。

新しい環境に敢えて自ら飛び込むこと、そして、相手を敬い、お互いが高めあえる関係になれるよう努力が必要なのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*