30代で離婚する女性の離婚の原因とは

結婚しない男女というのは多くなってきていますが、結婚してもすぐに離婚してしまうような夫婦というのも増えています。

そして熟年離婚のように長年耐えた末に離婚するのではなく、価値観の違いなどですぐに離婚する30代女性も多いものです。

30代であればまだやり直しがきく

30代で離婚してしまう女性は、20代で焦って結婚してしまった女性も多いです。

結婚するとなると出産・育児のことも頭に入れなければいけないですから、結婚願望のある女性であればできるだけ早くに結婚したいと思うことで、焦って20代で結婚してしまったような人もいるものです。

早くに結婚してしまったことで結婚に対する後悔というのが多くなる可能性もあります。

特に20代で結婚した人であれば、学生時代に付き合っていた人とそのまま流れで結婚してしまったケースもあり、社会人になり自分の考えも変わることで、学生時代に付き合っていた彼との結婚に違和感を感じてしまうようなこともあるものです。

こうした時、30代であればまだやり直しがきくということで離婚することもあります。

30代であればまだ独身の女性も多いですし、また未婚になっても楽しく生活できるということで離婚を選ぶこともあるものです。

別れることでまた新しいスタートを切りたいという女性は、30代で離婚を選ぶことも多いです。

離婚はいけないことだというイメージがない

離婚というのは結婚の時の倍のエネルギーが必要だともいわれるほど疲れるものです。

できるだけ避けたいものですが、離婚により自分の人生に傷がついたと考えるような人は少なくなってきています。

離婚というのは高齢の人であれば重く受け止めることもありますが、若い人にしてみれば離婚というのはそれほどマイナスイメージではないということもあります。

30代であれば昔のように結婚とは家と家との結婚だというような考えもないですし、結婚とは好きの延長でするものであって、本人同士の考えが一番大事だという意識が強いため、うまくいかなくなったのであれば離婚すれば良いという比較的軽い感じで離婚してしまうようなこともあるものです。

高齢の人からしてみたら理解できないような自分勝手な理由で離婚していると思えるようなこともあるでしょう。

それは女性が自由に生きるということに積極的になってきたからだということもありますし、離婚に対するマイナスイメージも少なくなってきたという時代背景もあるものです。

30代というのは再婚するにも有利な年代

離婚しても、また次に良い出会いがあれば再婚したいと思うような人も少なくありません。

特に結婚相談所やお見合いの場合では、バツイチのほうがリアルな結婚生活というのを知っているということで好まれる場合もあります。

離婚歴をプラスにとらえてもらえることもあるものです。そして30代であればまだ出産も望める年代ですから、離婚して再婚するにも有利です。

見た目的にも女性らしい美しさ・かわいらしさがある年代ですから、再婚する時にも良いです。

離婚はいつでもできるものですから30代で早まることはないともいわれますが、耐えられない結婚生活を続けることで無駄に歳を取るよりも、耐えられないのであれば早くに離婚をして次に進むというのも賢いと言えます。

子育てと自立を頑張らなければいけないデメリットも

30代での離婚は、まだ若いということでメリット部分も多いですが、子供がいる場合では子育てと自分の自立が大変で精神的に参ってしまうことがあるというデメリットもあるものです。

離婚して自分の親を頼ることができれば良いですが、誰も助けてくれないような時は、面倒なことや悩みもすべて自分で解決しなければいけないので負担も多くなります。

30代であればまだ子供が未就園児で手がかかるようなことも多いので、一人になったことで良いことばかりではないということもあるでしょう。

また、自分が自立しないといけないので、安定した収入を得ることができる仕事というのも見つけなければなりません。若い年代であればまだ生活の基盤やキャリアがないことも多いので、若くて頑張る気力はあっても大変な生活になることも多いです。

30代での離婚はとても早いですが、いったんリセットしてまた新しい人生をスタートさせるには良い年代でもあります。

女性はまだまだ仕事も育児も頑張れる年代ですから、離婚による自分へのマイナスイメージも少ないものです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*