30代・40代の違いと見た目で気をつけることとは?

30代も40代も見た目的にはあまり差がないことがほとんどです。

30代前半と40代後半では年齢的に大きな差があるので、見た目的に気を付けなければいけないようなこともあります。メイクや服装、ヘアスタイルなども意識してみると良いでしょう。

40代であればスカートの丈の長さを気持ち長くする

30代には履けて40代になったら履けないスカートいうのはないですが、それでも40代であればあまりレースが多かったりフリルがついていたり、乙女チックになるものは避けましょう。

30代であれば子供もまだ小さいことが多いですが、走ったり子供を追いかけるのに不便になってしまうタイトスカートなどは避けるようにしても良いでしょう。

40代であれば子供も言えばわかる年齢になっていることが多いので、タイトスカートなどが履ける機会が多くなるものです。そうした機能的なことも考えてスカートは選んでいくと良いでしょう。

そして見た目的に注意することは、スカートの丈の長さです。30代であれば膝上でも良いですが、40代であれば気持ち長めのスカート丈のものを選びましょう。

膝上よりも、少し膝下のものを選んだほうが上品で品のある印象になります。また、スーツであれば40代はパンツスーツにしても良いでしょう。

30代はメイクが今風、40代は昔風になってしまうことも

30代と40代、見た目での違いはメイクにも表れることがあります。

30代前半であれば20代が使うコスメを使っていることもあるので、今風のメイクになっていることも多いですが、40代であれば自分が20代30代で使っていたものをそのまま使ってしまうことも多いので、昔風のメイクになってしまうこともあります。

40代はまだまだ若いつもりでいるような女性も多いので、40代になって急にアンチエイジング化粧品に変えるような人は少ないです。30代と40代は、メイクで見た目に差が出てしまうということもあるでしょう。

そうならないようにするためには、40代にあった化粧品、メイクの仕方というのを勉強していくということが必要です。メイクにも流行がありますから、昔の良いイメージをそのまま引き継いでいると見た目的に古い印象になってしまうこともあります。

憧れの対象が違うことが見た目に影響していることも

30代でも40代でも、肌の手入れをきちんとしている人やおしゃれな人、スタイルの良い人は自分より若い人と一緒にいても見た目的にはあまりかわらないことというのが多いものです。

生きてきた時代や好きだったもの、憧れの対象が違うことで見た目に差が出てしまうことというのがあります。30代であれば30代に人気のモデルを憧れの対象としていることがありますし、40代であれば40代のモデルを憧れにしていることがあります。

30代が良いと思えるものを40代では理解できなかったり、その逆のパターンというのもあるでしょう。かわいいと思う物、かっこいいと思うものが違うことで身に着けるものも異なり、見た目に差が出てくることもあります。

特に30代は安くかわいいファストファッションが好きですが、40代であればブランドが好きで、洋服もブランドにこだわるということがあります。

しわの数で30代か40代かがわかってしまうことも

30代と40代の見た目の違いとして、しわの多さがあります。しわというのは30代でもありますが、目尻のしわや法令線というのは40代になると目立ってくるものです。

遠くから見た感じでは30代か40代かわからないような状態でも、近くでしわを確認することで30代か40代かわかりやすくなるということもあるものです。

30代はこうしたしわケアの化粧品にこだわることも少ないですが、40代になるとこうしたしわケアの化粧品にこだわることが多くなります。

40代で見た目が気になるような人はしわのケアにカを入れてみると良いでしょう。そうすることによって30代、40代の見た目の差も少なくなるでしょう。

しわは努力して消えるものでもないですが、乾燥しているとしわも深く刻まれることになるので、40代であれば劣化しないためにも保湿をしっかりするようにもしましょう。

30代、40代の見た目の違いは差がないことも多いです。肌の状態、どれだけ美容や美しさに手をかけているかで差が出てくることもあるので、40代であれば30代より見た目には気を付けるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*