30代の女性を悩ませるいちご鼻!その原因と解消方法とは?

いちご鼻 30代

30代になり初めていちご鼻に悩まされるという方も少なくはありません。なぜ20代では経験しなかったのに、30代になりいちご鼻に悩まされるようになるのでしょうか?

もちろん、若い頃からずっといちご鼻に悩まされているという方もいらっしゃいますよね。なので、いちご鼻の原因とその解消方法についてご紹介致します。

30代のいちご鼻、その原因とは?

年代の問わずいちご鼻の原因は大元の原因は乾燥です。肌は乾燥を感じると皮脂を分泌するのですが、皮脂が過剰に分泌され落としきれなかった古い角質・メイク残りやホコリなどと一緒に毛穴に詰まってしまいます。それが角栓になります。

さらに、角栓が酸化することによって毛穴が黒ずんで見えいちご鼻が進行していきます。だからと言って皮脂を落としすぎることには注意が必要です。

皮脂は必要がなさそうに見えますが、なくなってしまうと乾燥はもちろんですがバリア機能が低下し肌が刺激を受けやすい状態にもなってしまいます。

乾燥の加速・肌が敏感にならないためにもある程度の皮脂を残しておくということはとても大切なことなのです。

また、特に30代の肌は徐々にコラーゲンが減少します。それによって肌はより乾燥しやすくなってしまいますし、乾燥によって肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

つまり、30代の肌は乾燥によって皮脂が分泌されやすく、古い角質もなかなか落ちにくい状況に立たされてしまうのです。

間違ったいちご鼻の解消方法とは?

http://naturalremedyideas.com/large-pores-on-nose/

いちご鼻を解消するのによく使用されるのが鼻パックです。素早く角栓を取り除いてくれるというメリットがある一方で、同時に必要な皮脂まで取り除いてしまう場合があります。

そうすると、鼻はまた乾燥を感じてしまい皮脂を分泌しはじめてしまいます。結果として鼻パックは再び角栓を作り出す原因にもなってしまうのです。

指で角栓を押し出したり、角栓を押し出すスティックを利用する方法もあまりおすすめできません。やはり、無理に押し出すということは肌に傷をつけてしまう可能性があります。

理想的ないちご鼻の解消方法は毎日のケアで無理をしない方法で続けていくということがポイントになります。

いちご鼻の正しい解消方法とは?

いちご鼻を解消させるには肌を乾燥させないということが大きなポイントになります。そして、毎日のケアのなかに取り入れられる手軽さも大切です。その方法を3つご紹介します。

洗顔またはW洗顔不要クレンジングでいちご鼻ケア

角栓の原因の大元は乾燥ですが、皮脂・古い角質・メイクが混ざり毛穴に詰まり角栓ができあがります。そのため、まずはメイクをしっかりと落として、不要な皮脂・古い角質も落とさなくてはいけません。

その時に毎日のケアにしやすいのが洗顔またはクレンジングです。そして、洗顔やクレンジングを選ぶ際に肌に負担がかかるタイプを選ばないようにしてください。

例えば洗浄力の高いクレンジングを使用した後に、洗浄力の高い洗顔を使ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまい乾燥をまねきます。

できれば、W洗顔不要のクレンジングを使用して肌への負担を減らすか、洗顔・クレンジングのどちらも強いものを選ばないようにしてください。また、洗顔やクレンジングをする際には強く肌をこすらないように心がけましょう。

顔を綺麗にした後はしっかりと保湿をする

いちご鼻で悩んでいる方で陥りやすいのが、保湿をしないということです。鼻が脂っぽいから保湿をすると角栓を加速させるように思えてしまうためです。

しかし、保湿をしないことによって乾燥を感じ皮脂が分泌されてしまうのです。いちご鼻で悩んでいたとしても、しっかりとした保湿は忘れていはいけません。

乾燥によって肌の表面が硬くなることも毛穴を詰まらせる原因になります。もちろん塗りすぎはだめですが、鼻だけおろそかにするのではなく顔の他の部分と同じように丁寧に保湿してあげるようにしてください。

その他にいちご鼻解消のためにできることは?

紫外線

いちご鼻を目立たせる原因として毛穴黒ずみがあります。それはもしかすると紫外線が原因になってしまっているかもしれません。

なので、毎日お化粧をしていて外出することがあるという方はかならず日焼け対策をして外出するようにしてください。ファンデーションや下地に日焼け止め効果があるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、30代の場合はこれからの肌のために美白化粧品を使い始める機会でもあります。今の肌にシミはなくても、数年後の肌にシミは現れてしまいます。

特に角栓を押し出したりするケアをしていて肌を傷つけたことがある方はシミへの注意が必要です。美白効果がある基礎化粧品と日焼け止め効果がある化粧品をぜひ試してみて下さい。

30代のいちご鼻の原因まとめ

30代でいちご鼻を解消する基本は肌を乾燥させずに、不必要な角質・皮脂・汚れは落とすということです。そして、肌に優しくケアをしていくことも重要です。

特に30代の肌は乾燥が加速していく時期ですので、しっかりと保湿することも忘れないであげてください。毎日のケアで肌に優しく、乾燥をさせないを合言葉にいちご鼻を解消してみてください。

30代で離婚する女性の離婚の原因とは

結婚しない男女というのは多くなってきていますが、結婚してもすぐに離婚してしまうような夫婦というのも増えています。

そして熟年離婚のように長年耐えた末に離婚するのではなく、価値観の違いなどですぐに離婚する30代女性も多いものです。

30代であればまだやり直しがきく

30代で離婚してしまう女性は、20代で焦って結婚してしまった女性も多いです。

結婚するとなると出産・育児のことも頭に入れなければいけないですから、結婚願望のある女性であればできるだけ早くに結婚したいと思うことで、焦って20代で結婚してしまったような人もいるものです。

早くに結婚してしまったことで結婚に対する後悔というのが多くなる可能性もあります。

特に20代で結婚した人であれば、学生時代に付き合っていた人とそのまま流れで結婚してしまったケースもあり、社会人になり自分の考えも変わることで、学生時代に付き合っていた彼との結婚に違和感を感じてしまうようなこともあるものです。

こうした時、30代であればまだやり直しがきくということで離婚することもあります。

30代であればまだ独身の女性も多いですし、また未婚になっても楽しく生活できるということで離婚を選ぶこともあるものです。

別れることでまた新しいスタートを切りたいという女性は、30代で離婚を選ぶことも多いです。

離婚はいけないことだというイメージがない

離婚というのは結婚の時の倍のエネルギーが必要だともいわれるほど疲れるものです。

できるだけ避けたいものですが、離婚により自分の人生に傷がついたと考えるような人は少なくなってきています。

離婚というのは高齢の人であれば重く受け止めることもありますが、若い人にしてみれば離婚というのはそれほどマイナスイメージではないということもあります。

30代であれば昔のように結婚とは家と家との結婚だというような考えもないですし、結婚とは好きの延長でするものであって、本人同士の考えが一番大事だという意識が強いため、うまくいかなくなったのであれば離婚すれば良いという比較的軽い感じで離婚してしまうようなこともあるものです。

高齢の人からしてみたら理解できないような自分勝手な理由で離婚していると思えるようなこともあるでしょう。

それは女性が自由に生きるということに積極的になってきたからだということもありますし、離婚に対するマイナスイメージも少なくなってきたという時代背景もあるものです。

30代というのは再婚するにも有利な年代

離婚しても、また次に良い出会いがあれば再婚したいと思うような人も少なくありません。

特に結婚相談所やお見合いの場合では、バツイチのほうがリアルな結婚生活というのを知っているということで好まれる場合もあります。

離婚歴をプラスにとらえてもらえることもあるものです。そして30代であればまだ出産も望める年代ですから、離婚して再婚するにも有利です。

見た目的にも女性らしい美しさ・かわいらしさがある年代ですから、再婚する時にも良いです。

離婚はいつでもできるものですから30代で早まることはないともいわれますが、耐えられない結婚生活を続けることで無駄に歳を取るよりも、耐えられないのであれば早くに離婚をして次に進むというのも賢いと言えます。

子育てと自立を頑張らなければいけないデメリットも

30代での離婚は、まだ若いということでメリット部分も多いですが、子供がいる場合では子育てと自分の自立が大変で精神的に参ってしまうことがあるというデメリットもあるものです。

離婚して自分の親を頼ることができれば良いですが、誰も助けてくれないような時は、面倒なことや悩みもすべて自分で解決しなければいけないので負担も多くなります。

30代であればまだ子供が未就園児で手がかかるようなことも多いので、一人になったことで良いことばかりではないということもあるでしょう。

また、自分が自立しないといけないので、安定した収入を得ることができる仕事というのも見つけなければなりません。若い年代であればまだ生活の基盤やキャリアがないことも多いので、若くて頑張る気力はあっても大変な生活になることも多いです。

30代での離婚はとても早いですが、いったんリセットしてまた新しい人生をスタートさせるには良い年代でもあります。

女性はまだまだ仕事も育児も頑張れる年代ですから、離婚による自分へのマイナスイメージも少ないものです。