人生設計が大きく変動する30代女性ならではの友達の作り方

30代は特に友達の作り方に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。従来の友達関係の方が楽だから、新しい友達を作ることに億劫になっていませんか。

今までは容易にできていた友達作りがここにきてなぜ困難になってしまったのでしょうか。その理由と解決方法を考えてみました。

大人になるとどうして友達を作りにくいのか

30代、いざ友達を作りたいと思っても簡単にできる年代ではありません。なぜかというと、人によって歩む人生がまちまちで、それまで同じように歩んできた同年代においても、仕事に生きる人生、結婚を選ぶ人生、出産子育てが始まる人生、子育て中盤を迎える人生等、様々な人生があります。自ずと友達の幅は自然と狭まってしまいます。

加えて、30代にもなると、自分の思考や趣味嗜好考え方などがある程度確立され、柔軟性がなくなってきてしまいます。自分の考え方を曲げてまでそれほど気の合わない人と友達になろうとは思えない年代にさしかかっています。

世間体や建前を社会で学ぶにつれ、友達に対してそれほど踏み込んで付き合うことに遠慮や恐怖を抱いてしまう人も少なくないと思います。

仕事や家庭、やることや考えることが沢山あり、友達関係に重きをおいている場合ではないという人もいるでしょう。このように激動の30代は、様々な面から、友達を作りにくい年代だといえます。

何かに所属しているという強み

人は生まれてから教育を終えるまで何等かの団体に所属しています。保育園、幼稚園から始まり、小学校、中学校、高校、大学、職場など。囲われた環境の中では人は友情関係を構築しやすいのです。

しかし、そうやって守られていた環境から大人になるにつれ、環境は大きく変わり、庇護される存在から、自分で道を切り開いたり、誰かを庇護する存在になっていくのです。

精神的に自分が確立されたことにより友達が作りにくくなっていること(soft面)は、抗いようのない事実であり、自助努力が必要となってきますが、環境変化が起因するもの(hard面)では、何かに所属すること=友達を作る上で大きなアドバンテージになってくれます。

仕事に生きる人生においては、同じ志を持つ仲間に出会い苦楽を共にし、価値観が統一化されることで、信頼関係が構築されます。特に同じところに所属しているという連帯感から友達が自然にできやすいのではないかと思います。

結婚して出産して子育てに突き進んでいく人生となると、新たな友達を作るという意味においては難しい状況になってきます。なぜなら、それまで自分が主人公だったところから、住環境や仕事、自分を取り巻く環境を全てパートナーに合わせる必要があります。

結婚して突然、見知らぬ街に引っ越したり、時には駐在妻になったり、それまでやっていた仕事をやめなければならないこともあります。突然所属を奪われ所在をなくし、新たに友第を作るには特別なきっかけが必要です。今までは自然に身を任せていればできていたことが、突然、友達の作り方がわからなくなってしまうのです。

環境変化に起因するもののなかで、妊娠出産子育ての初期段階においては、話は少しかわってきます。妊娠出産は女性において正に身体を張った一大イベントです。初めての経験に体も心も期待と不安でいっぱいの毎日です。

そういった女性を支援する自治体の施設は保健所をはじめ様々なところに設置されています。そういったイベントに参加することで、いわば同じ目標(出産、子育て)に向かっているママさん同士で一種の連帯感が生まれやすいです。

出産後は新生児育児という大波がまっており、いままで経験のない子育てという分野において共通の目標や悩みをもつママ同士が、意気投合して仲良くなるのはそう難しい話ではありません。やはり、何かに所属していると友達を作りやすいのです。

知り合いから友達へ発展するにはどうすればいいのか

いったいどうすれば30代でも『親友』といえる本当の友達をつくることができるのでしょうか。それは大きな環境の変化には身を委ねるものの、その中で自分を敢えて何等かの所属に身を置くということが有効かと思われます。

例えば、習い事を始めてみる、地域のイベントに参加してみる、動物を飼ってみると散歩コースの中で出会いのきっかけができる、など、少し面倒でも自分を違う環境においてみることをお勧めします。

そして、hard面を整えたあと大切なことはsoft面です。いくら環境を整えたからといって、人を受け入れる心を持たないと本当の友達には発展しません。

歩んできた環境やその人の考え方、趣味嗜好を敬い、お互い高めあえるような存在になれれば『親友』と呼べる存在になれるかもしれません。

30代、友達ができないことを環境のせいにしている人は少なくありません。しかし、結局は環境のせいではなく、友達の作り方は学童時代と変わらず、自分自身の問題なのです。

新しい環境に敢えて自ら飛び込むこと、そして、相手を敬い、お互いが高めあえる関係になれるよう努力が必要なのです。

30代で顔にブツブツができてしまう原因は食べ物と生活にある

30代は10代、20代の頃に比べて体の代謝は落ちているものの、まだまだ体も肌も若く、本格的なアンチエイジングなどは必要のない年代でもあります。

顔のブツブツが気になるような時は食べ物や不規則な生活習慣になっていないかを自分自身で見直すようにもしましょう。

食生活の乱れによる肌荒れ

30代で顔にブツブツができてしまう人の中には、食生活が乱れているということがあります。

学生時代や親と同居していた時はきちんと栄養管理の行き届いていた食事をしていたような人も、30代になって自分で好きに生活するようになると、途端にジャンクフードが多くなり肌荒れしてしまうということがあります。

学生時代に頻繁に行っていた運動も就職して仕事で忙しくなるとまったくやらなくなってしまうような人も多いので、その運動不足の積み重ねがブツブツにつながっているということもあるでしょう。

健康的な食事をして運動もして、毎日適度に汗を掻いてデトックスすることで解決できることもあるので、まずは規則正しい生活に戻してみるというのも良いです。

便秘にならないことはブツブツを作らないために大事なことの基本です。お腹のマッサージをしたり、ゆっくり入浴で血の巡りを良くするなどもしましょう。

肌につく花粉やほこりが原因の場合も

顔のブツブツは顔に使うコスメやスキンケアに問題があるということもありますが、使うものだけでなく外気を漂っている成分で肌が荒れてしまうことというのもあるものです。

空気中には様々な菌や成分が漂っていて、肌が健康で免疫のある状態であればなんともないようなことも多いですが、風邪をひいていたり疲れていたり、肌の免疫力が低下している状態であれば、こういった空気中に漂っている成分によって肌が傷つきブツブツができてしまうこともあるものです。

特に鼻や目を悩ます花粉については肌にも影響します。若い頃は花粉症知らずだったような人も、急に花粉症になるという例は増えています。それは年齢を重ねるにつれて肌の免疫・抵抗カが弱っているからです。

30代の肌のブツブツはこうした急に花粉症になってしまったことが影響しているということもあるでしょう。また、排気ガスの多い道を通る人も同様で、排気ガスやほこりによって肌荒れしてしまうということもあります。

良い物を多く取りすぎている

ブツブツができないようにするために良い化粧品、美容サプリなどを使う人も多いですし、30代であれば仕事も軌道にのり、美容やコスメにかけるお金も多く出せるようになっているということがあります。

美容雑誌や情報などをかき集めて、できるだけ肌に良いスキンケアやサプリを購入しているような人もいますが、良い物を多く体に取り入れていることで逆に肌に負担をかけている、ということもあります。

特に敏感肌の人であれば角質を多く取りすぎたり、弱酸性であっても色々な成分を肌に乗せすぎることで肌が荒れてしまうこともあります。

肌が弱っているのにさらに高成分の美容製品を使うことでブツブツが酷くなるようなこともあるので、使っている美容製品で肌が悪化していくのであれば、早めに皮膚科の受診をするのが一番です。肌にあう薬で治療しないと良くならないこともあります。

化粧品が合わないことでブツブツができている

30代のブツブツは10代の頃のブツブツと原因が異なることがほとんどです。

10代はまだ成長の段階であるため、ホルモンバランスが安定しておらずそれが肌のブツブツやニキビができてしまうことにつながっているということもあるものです。

10代は部活や遊びで良く汗を掻き、代謝が活発なことで肌が脂っぽくなり、ブツブツガできてしまうことがほとんどです。10代の時のブツブツやニキビは脂っぽいものがほとんどで、脂取り紙で取れる脂の量からもそれがうかがえるでしょう。

ですが30代であれば脂っぽさよりも乾燥を感じることが多く、この乾燥がブツブツの原因になっていることも多いです。

30代は保湿がきちんとできていないと吹き出物が出やすくなるので、顔のブツブツが気になるようになったら保湿がたっぷりできるスキンケアに変えてみましょう。

しかし、顔にできたそのブツブツやポツポツの原因は実は「角質粒」といわれるイボかも知れません!顔や首にできたイボ除去化粧品で30代女性から絶大な支持を受けている『艶つや習慣』はご存知でしょうか?

『艶つや習慣』に含まれる成分がお肌に浸透して気になる顔や首のブツブツ・ポツポツがポロリっとしたという口コミも多くあります。30代でも肌トラブルに悩まされているのでしたら『艶つや習慣』のようなオールインワンジェルに変えてみるのも一つの手段ですね。

参考サイト:艶つや習慣の口コミの真実とは?イボへの効果と使ってみた素直な感想

30代・40代の違いと見た目で気をつけることとは?

30代も40代も見た目的にはあまり差がないことがほとんどです。

30代前半と40代後半では年齢的に大きな差があるので、見た目的に気を付けなければいけないようなこともあります。メイクや服装、ヘアスタイルなども意識してみると良いでしょう。

40代であればスカートの丈の長さを気持ち長くする

30代には履けて40代になったら履けないスカートいうのはないですが、それでも40代であればあまりレースが多かったりフリルがついていたり、乙女チックになるものは避けましょう。

30代であれば子供もまだ小さいことが多いですが、走ったり子供を追いかけるのに不便になってしまうタイトスカートなどは避けるようにしても良いでしょう。

40代であれば子供も言えばわかる年齢になっていることが多いので、タイトスカートなどが履ける機会が多くなるものです。そうした機能的なことも考えてスカートは選んでいくと良いでしょう。

そして見た目的に注意することは、スカートの丈の長さです。30代であれば膝上でも良いですが、40代であれば気持ち長めのスカート丈のものを選びましょう。

膝上よりも、少し膝下のものを選んだほうが上品で品のある印象になります。また、スーツであれば40代はパンツスーツにしても良いでしょう。

30代はメイクが今風、40代は昔風になってしまうことも

30代と40代、見た目での違いはメイクにも表れることがあります。

30代前半であれば20代が使うコスメを使っていることもあるので、今風のメイクになっていることも多いですが、40代であれば自分が20代30代で使っていたものをそのまま使ってしまうことも多いので、昔風のメイクになってしまうこともあります。

40代はまだまだ若いつもりでいるような女性も多いので、40代になって急にアンチエイジング化粧品に変えるような人は少ないです。30代と40代は、メイクで見た目に差が出てしまうということもあるでしょう。

そうならないようにするためには、40代にあった化粧品、メイクの仕方というのを勉強していくということが必要です。メイクにも流行がありますから、昔の良いイメージをそのまま引き継いでいると見た目的に古い印象になってしまうこともあります。

憧れの対象が違うことが見た目に影響していることも

30代でも40代でも、肌の手入れをきちんとしている人やおしゃれな人、スタイルの良い人は自分より若い人と一緒にいても見た目的にはあまりかわらないことというのが多いものです。

生きてきた時代や好きだったもの、憧れの対象が違うことで見た目に差が出てしまうことというのがあります。30代であれば30代に人気のモデルを憧れの対象としていることがありますし、40代であれば40代のモデルを憧れにしていることがあります。

30代が良いと思えるものを40代では理解できなかったり、その逆のパターンというのもあるでしょう。かわいいと思う物、かっこいいと思うものが違うことで身に着けるものも異なり、見た目に差が出てくることもあります。

特に30代は安くかわいいファストファッションが好きですが、40代であればブランドが好きで、洋服もブランドにこだわるということがあります。

しわの数で30代か40代かがわかってしまうことも

30代と40代の見た目の違いとして、しわの多さがあります。しわというのは30代でもありますが、目尻のしわや法令線というのは40代になると目立ってくるものです。

遠くから見た感じでは30代か40代かわからないような状態でも、近くでしわを確認することで30代か40代かわかりやすくなるということもあるものです。

30代はこうしたしわケアの化粧品にこだわることも少ないですが、40代になるとこうしたしわケアの化粧品にこだわることが多くなります。

40代で見た目が気になるような人はしわのケアにカを入れてみると良いでしょう。そうすることによって30代、40代の見た目の差も少なくなるでしょう。

しわは努力して消えるものでもないですが、乾燥しているとしわも深く刻まれることになるので、40代であれば劣化しないためにも保湿をしっかりするようにもしましょう。

30代、40代の見た目の違いは差がないことも多いです。肌の状態、どれだけ美容や美しさに手をかけているかで差が出てくることもあるので、40代であれば30代より見た目には気を付けるようにしましょう。

年齢で諦めるのは早い!30代モテない女がモテるようになる方法

20代の頃はチヤホヤされて声を掛けられたことがあった女性も、30代になったらそのような機会が減ってきます。

でもそれは年齢だけの問題ではないのです。気持ち次第でモテる女性になることは可能です。モテない女性からモテる女性になるための方法をお教えします。

30代であることを異常に気にするのはやめましょう

20代の頃は普通に答えていたのに、30代になってから年齢を聞かれると一瞬答えに詰まってしまうことありませんか?確かに女性にとって29歳と30歳の違いは大きいと思います。

しかし、自分の年齢を異常に気にしている女性は周りからうっとうしく思われているかもしれません。何気なく聞いただけなのに、年齢を聞かれた途端に不機嫌になってしまうようでは聞いた相手は不愉快な思いをします。

逆に「私は30歳でもうオバサンだしモテない女だから」と自虐に走っても周りは反応に困ってしまいます。サバ読んでしまいたい気持ちもわかりますが、年齢はごまかさずに正直に言うようにしましょう。それで離れていくような人には最初から相手にしない方が賢明です。

婚活のような場では、女性の年齢に異常にこだわる男性に会うこともあるかと思いますが、「ご縁がなかった」くらいに軽く受け止めておきましょう。女性が30代であることを気にしない男性もたくさんいますし、30代同士で結婚しているカップルも多いです。

そして、年齢の話を避けたり自虐的に持っていったりと無理するよりも、まずは普通の会話を楽しむようにしましょう。気にしていると相手にも伝わってしまい気を使わせてしまいますし、「この人と一緒にいたら楽しい」と思わせられれば自然と仲良くなれると思います。

年相応のファッションをしましょう

20代の頃に着ていた服を久しぶりに着てみたら、何か違和感があるなんてことありませんか?30代になったからといって、そんなに顔は変わってないと自分では思っているかもしれませんが、そのような違和感があったら自分のファッションを見直すチャンスです。

例えば、同じようなファッションをしていても20代の子なら「若くていいね」と悪い印象にはなりませんが、30代の女性だと「もうちょっと年を考えなよ」と思われてしまいます。服装や髪形は第一印象に大きく影響しますから、このようにファッションだけで悪い印象を持たれてしまうのはすごくもったいないです。

30代向けのファッション誌を参考にして、色味は抑えて形もシンプルなものにするのが無難です。髪型も服装に合わせて落ち着いた感じにするといいと思います。また、安い服をどんどん買い替えるのではなく、良いものを長く着るようにするのもいいと思います。

性格などの中身はすぐには変えられませんが、服装や髪形は気軽に変えることができます。まずは外見から、落ち着きのある大人な女性を目指してモテない女性から脱却しましょう。

結婚にとらわれすぎないようにしましょう

30代のモテない女性が気にするのはやはり「結婚」のこと。特に「30代女性=結婚できない」という世間的なイメージもあって、寝ても覚めても「何が何でも早く結婚したい!」と息巻いている女性は多いと思います。

積極的に出会いの場に参加したりするのはいいことですが、あまりにも「結婚」にとらわれすぎてしまうのはよくありません。男性から見ても、明らかに結婚に焦っている女性は余裕がなさそうで苦手と思われてしまいます。

まずは、自分が本当に結婚したいのかをはっきりさせることが大事です。友人が結婚しているから、親が孫の顔が見たいと言うからという理由で婚活している女性も多いかと思います。

しかし、結婚したい理由を周りに押し付けていては、上手くいかないときについ周りに当たってしまいますし、仮に結婚できたとしても結婚がゴールになってしまいそれからの生活が上手くいかなくなってしまう可能性もあります。

今は結婚するタイミングではないと思ったら、無理にガツガツと婚活する必要はないのです。少し婚活を休んで、仕事に打ち込んだり旅行したりして「結婚」を忘れる時間を作るといいかもしれません。

また、仕事と婚活以外に何か夢中になれる趣味を持つこともいいと思います。気分転換にもなりますし、その趣味が縁で良い出会いがあるかもしれません。

ちょっとした気持ちの持ちようで、モテる女性になれることがわかっていただけたでしょうか。30代の女性に必要なのは「落ち着き」と「余裕」を意識することです。

今までの生活を見つめ直して、モテない女性を卒業しましょう。

30代の女性を悩ませるいちご鼻!その原因と解消方法とは?

30代になり初めていちご鼻に悩まされるという方も少なくはありません。なぜ20代では経験しなかったのに、30代になりいちご鼻に悩まされるようになるのでしょうか?

もちろん、若い頃からずっといちご鼻に悩まされているという方もいらっしゃいますよね。なので、いちご鼻の原因とその解消方法についてご紹介致します。

30代のいちご鼻、その原因とは?

年代の問わずいちご鼻の原因は大元の原因は乾燥です。肌は乾燥を感じると皮脂を分泌するのですが、皮脂が過剰に分泌され落としきれなかった古い角質・メイク残りやホコリなどと一緒に毛穴に詰まってしまいます。それが角栓になります。

さらに、角栓が酸化することによって毛穴が黒ずんで見えいちご鼻が進行していきます。だからと言って皮脂を落としすぎることには注意が必要です。

皮脂は必要がなさそうに見えますが、なくなってしまうと乾燥はもちろんですがバリア機能が低下し肌が刺激を受けやすい状態にもなってしまいます。

乾燥の加速・肌が敏感にならないためにもある程度の皮脂を残しておくということはとても大切なことなのです。

また、特に30代の肌は徐々にコラーゲンが減少します。それによって肌はより乾燥しやすくなってしまいますし、乾燥によって肌のターンオーバーが乱れやすくなります。

つまり、30代の肌は乾燥によって皮脂が分泌されやすく、古い角質もなかなか落ちにくい状況に立たされてしまうのです。

間違ったいちご鼻の解消方法とは?

http://naturalremedyideas.com/large-pores-on-nose/

いちご鼻を解消するのによく使用されるのが鼻パックです。素早く角栓を取り除いてくれるというメリットがある一方で、同時に必要な皮脂まで取り除いてしまう場合があります。

そうすると、鼻はまた乾燥を感じてしまい皮脂を分泌しはじめてしまいます。結果として鼻パックは再び角栓を作り出す原因にもなってしまうのです。

指で角栓を押し出したり、角栓を押し出すスティックを利用する方法もあまりおすすめできません。やはり、無理に押し出すということは肌に傷をつけてしまう可能性があります。

理想的ないちご鼻の解消方法は毎日のケアで無理をしない方法で続けていくということがポイントになります。

いちご鼻の正しい解消方法とは?

いちご鼻を解消させるには肌を乾燥させないということが大きなポイントになります。そして、毎日のケアのなかに取り入れられる手軽さも大切です。その方法を3つご紹介します。

洗顔またはW洗顔不要クレンジングでいちご鼻ケア

角栓の原因の大元は乾燥ですが、皮脂・古い角質・メイクが混ざり毛穴に詰まり角栓ができあがります。そのため、まずはメイクをしっかりと落として、不要な皮脂・古い角質も落とさなくてはいけません。

その時に毎日のケアにしやすいのが洗顔またはクレンジングです。そして、洗顔やクレンジングを選ぶ際に肌に負担がかかるタイプを選ばないようにしてください。

例えば洗浄力の高いクレンジングを使用した後に、洗浄力の高い洗顔を使ってしまうと必要な皮脂まで落としてしまい乾燥をまねきます。

できれば、W洗顔不要のクレンジングを使用して肌への負担を減らすか、洗顔・クレンジングのどちらも強いものを選ばないようにしてください。また、洗顔やクレンジングをする際には強く肌をこすらないように心がけましょう。

顔を綺麗にした後はしっかりと保湿をする

いちご鼻で悩んでいる方で陥りやすいのが、保湿をしないということです。鼻が脂っぽいから保湿をすると角栓を加速させるように思えてしまうためです。

しかし、保湿をしないことによって乾燥を感じ皮脂が分泌されてしまうのです。いちご鼻で悩んでいたとしても、しっかりとした保湿は忘れていはいけません。

乾燥によって肌の表面が硬くなることも毛穴を詰まらせる原因になります。もちろん塗りすぎはだめですが、鼻だけおろそかにするのではなく顔の他の部分と同じように丁寧に保湿してあげるようにしてください。

その他にいちご鼻解消のためにできることは?

紫外線

いちご鼻を目立たせる原因として毛穴黒ずみがあります。それはもしかすると紫外線が原因になってしまっているかもしれません。

なので、毎日お化粧をしていて外出することがあるという方はかならず日焼け対策をして外出するようにしてください。ファンデーションや下地に日焼け止め効果があるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、30代の場合はこれからの肌のために美白化粧品を使い始める機会でもあります。今の肌にシミはなくても、数年後の肌にシミは現れてしまいます。

特に角栓を押し出したりするケアをしていて肌を傷つけたことがある方はシミへの注意が必要です。美白効果がある基礎化粧品と日焼け止め効果がある化粧品をぜひ試してみて下さい。

30代のいちご鼻の原因まとめ

30代でいちご鼻を解消する基本は肌を乾燥させずに、不必要な角質・皮脂・汚れは落とすということです。そして、肌に優しくケアをしていくことも重要です。

不必要な角質・皮脂・汚れを簡単に落とせる化粧品として大人気のエマルジョンリムーバーはご存知でしょうか?雑誌やメディアなどで毎月のように特集されるほどいちご鼻に効果があるといわれています。

取り扱う販売店も多く購入しやすいし価格もお手頃なので、ぜひエマルジョンリムーバーで毎日の毛穴ケアを楽しみながら30代のいちご鼻を解消してみてください。

合言葉は『肌に優しく、乾燥をさせない』ですよ!

30代で離婚する女性の離婚の原因とは

結婚しない男女というのは多くなってきていますが、結婚してもすぐに離婚してしまうような夫婦というのも増えています。

そして熟年離婚のように長年耐えた末に離婚するのではなく、価値観の違いなどですぐに離婚する30代女性も多いものです。

30代であればまだやり直しがきく

30代で離婚してしまう女性は、20代で焦って結婚してしまった女性も多いです。

結婚するとなると出産・育児のことも頭に入れなければいけないですから、結婚願望のある女性であればできるだけ早くに結婚したいと思うことで、焦って20代で結婚してしまったような人もいるものです。

早くに結婚してしまったことで結婚に対する後悔というのが多くなる可能性もあります。

特に20代で結婚した人であれば、学生時代に付き合っていた人とそのまま流れで結婚してしまったケースもあり、社会人になり自分の考えも変わることで、学生時代に付き合っていた彼との結婚に違和感を感じてしまうようなこともあるものです。

こうした時、30代であればまだやり直しがきくということで離婚することもあります。

30代であればまだ独身の女性も多いですし、また未婚になっても楽しく生活できるということで離婚を選ぶこともあるものです。

別れることでまた新しいスタートを切りたいという女性は、30代で離婚を選ぶことも多いです。

離婚はいけないことだというイメージがない

離婚というのは結婚の時の倍のエネルギーが必要だともいわれるほど疲れるものです。

できるだけ避けたいものですが、離婚により自分の人生に傷がついたと考えるような人は少なくなってきています。

離婚というのは高齢の人であれば重く受け止めることもありますが、若い人にしてみれば離婚というのはそれほどマイナスイメージではないということもあります。

30代であれば昔のように結婚とは家と家との結婚だというような考えもないですし、結婚とは好きの延長でするものであって、本人同士の考えが一番大事だという意識が強いため、うまくいかなくなったのであれば離婚すれば良いという比較的軽い感じで離婚してしまうようなこともあるものです。

高齢の人からしてみたら理解できないような自分勝手な理由で離婚していると思えるようなこともあるでしょう。

それは女性が自由に生きるということに積極的になってきたからだということもありますし、離婚に対するマイナスイメージも少なくなってきたという時代背景もあるものです。

30代というのは再婚するにも有利な年代

離婚しても、また次に良い出会いがあれば再婚したいと思うような人も少なくありません。

特に結婚相談所やお見合いの場合では、バツイチのほうがリアルな結婚生活というのを知っているということで好まれる場合もあります。

離婚歴をプラスにとらえてもらえることもあるものです。そして30代であればまだ出産も望める年代ですから、離婚して再婚するにも有利です。

見た目的にも女性らしい美しさ・かわいらしさがある年代ですから、再婚する時にも良いです。

離婚はいつでもできるものですから30代で早まることはないともいわれますが、耐えられない結婚生活を続けることで無駄に歳を取るよりも、耐えられないのであれば早くに離婚をして次に進むというのも賢いと言えます。

子育てと自立を頑張らなければいけないデメリットも

30代での離婚は、まだ若いということでメリット部分も多いですが、子供がいる場合では子育てと自分の自立が大変で精神的に参ってしまうことがあるというデメリットもあるものです。

離婚して自分の親を頼ることができれば良いですが、誰も助けてくれないような時は、面倒なことや悩みもすべて自分で解決しなければいけないので負担も多くなります。

30代であればまだ子供が未就園児で手がかかるようなことも多いので、一人になったことで良いことばかりではないということもあるでしょう。

また、自分が自立しないといけないので、安定した収入を得ることができる仕事というのも見つけなければなりません。若い年代であればまだ生活の基盤やキャリアがないことも多いので、若くて頑張る気力はあっても大変な生活になることも多いです。

30代での離婚はとても早いですが、いったんリセットしてまた新しい人生をスタートさせるには良い年代でもあります。

女性はまだまだ仕事も育児も頑張れる年代ですから、離婚による自分へのマイナスイメージも少ないものです。